楽しかったスノーボードツアーの思い出

夜行バスツアーで行く日帰りスノーボード

お手頃価格なうえに日帰りで楽しめる冬のウィンタースポーツ。その中でも近年人気のスノーボードの日帰りツアー。関西から日帰りで行けるうえに、雪質がよい福井県へ夜行バスを乗ってスノーボードをしに行くツアーが人気ですが、この夜行バスツアー社内をいかに快適に、いかに楽しく過ごすための方法をご紹介したいと思います。

スキー場までの道すがらの必需品。1つ目はマスクです。夜行バスの場合、寝ている間にスキー場につくことができるのですが、社内は暖房がかかっているため非常に乾燥しているため到着するころには喉がやられてしまいます。2つ目は防寒具です。早朝に到着した後、スキー場の開園時間までバス車内での待ち時間があるのですがアイドリング禁止のためエンジンが切られ、そうなると必然的に社内暖房も切られてしまいます。雪山での社内待機時間は想像以上に寒く非常に冷え込むため、防寒具があると寒さに震えること無く万全の状態で滑ることができます。3つ目は冷えた飲料水です。車内温度が高めに設定されているため、車内が非常に乾燥します。また、同じような夜行バスツアー組がいるため復路の道が混むことが多々あります。滑っている間はアドレナリンが出ていることもあり、のどの渇きをあまり感じませんが体内は非常に水分を欲していますので、乗る前に冷えた500ml飲料水を購入して砂漠の車内を乗り切ってください。ぜひ、マスクと防寒具をしっかり持って日帰りスノーボードを楽しみましょう。

Copyright (C)2017楽しかったスノーボードツアーの思い出.All rights reserved.